TOP - ショッピング - プレゼント - FAQ - 売れ筋ランキング - Baby-Pro REPORT - おすすめリンク - システムガイド - Baby-Proについて



ヨーロッパ安全基準ECE-R44/03適合品

(日本安全基準準拠)

チャイルド&ジュニア兼用カーシート
RECARO Start (レカロ スタート)


RECARO Start
Smooth Black
(スムースブルー)

322.00.0627
限定 Sportline
(スポーツライン)

322.00.0611
Alrisha
(アリーシャ)
322.00.0617
明るいブルーカラーが目を引きます。ラリーカーのイメージカラー。こちらはマイクロファイバー使用モデル。 マイクロファバー使用の高級モデルで希少性のある限定生産カラーです。 落ち着いたベージュカラーがとてもおしゃれです。高級感のある上品なモデル。
マイクロファイバーは使っていませんが質感は他の2点に勝るとも劣りません劣りません。
  

カラーによって使用されているファブリックの素材が違います
生地のアップ画像はこのページ末尾
オプションについて知りたい方はこちら

 
  オーダーはこちらから


<商品の説明>

Baby-Proはレカロ製品の正規代理店です。

RECARO startは、カーシートのトップブランドメーカーであるレカロ社が開発したチャイルド&ジュニアカーシートです。革新的な構造で、高い安全性と快適性を備え、約9ヶ月〜12才まで(推奨1歳半〜11歳)、成長する子供の体型に合わせて高さや幅の調整できる、子供と共に成長するシート。従来の製品がもつ多くの問題を解決した次世代のチャイルドシートです。

正規輸入品なので日本語の取扱説明書が添付され、製品保証もありますので安心して購入頂けます。

Baby-Proでは、メーカー検品に加え、独自の商品検査を行って出荷します。初期不良の徹底排除を目指しています。

ドイツ脊椎健康推進協会(AGR)の認定を受けた世界で
最初のチャイルドシート
ヨーロッパ安全基準
ECE-R44
/03


特長

  1. 一般のカーシートのクッション製の良さは、ウレタンの厚みに比例しています。確かにウレタンを厚くすればクッション性能は良くなりますが、レカロは根本的に構造を見直しました。レカロスタートはシート構造材にアルミフレーム、座面、背面には「ピレリーネット」と呼ばれる特殊繊維を使用しています。(タイヤメーカーのPirelliが開発したゴム加工したネット。構造写真中、茶色に写っているネット部分です。) 優れた耐久性としなやかさで子供の体圧を分散し、しかもネット状ですから、熱を高効率に排出します。シート構造としては、チャイルドシートにはもったいないくらい(?)優れたものです。人間工学にこだわるレカロらしい、最上級の乗り心地が得られます。        
  2. 標準3点式シートベルトでシート本体と乗員する子供を一緒に固定する方式で、ややこしい据5え付けがいらないので誤使用を防げます。体重9〜15kg(参考:9ヶ月〜4歳頃)までの子供が使用する場合は、インパクトクッションのオプションを併用することも可能です。(使用しなくても構いませんが、小さいお子さんの姿勢保持にはインパクトクッションが有効です。) (小さなお子さんのための補正具として、コンフォートパットも用意しています。) 
  3. 1つのシートで、体重9〜36kg(参考:約9ヶ月〜12歳頃)までの子供の体形に合わせて、肩幅、座面奥行き、背もたれ高さを調節可能。子供と共に成長する、他に類のない、チャイルドシートといえます。約11年間に渡って使用できるため、経済的でもあります。(11年間有効に利用すれば、1ヶ月あたり400円にもならない計算になります。)

安全性

安全基準:
ヨーロッパの統合規格 ECE-R44/03適合品。日本の安全基準の手本となった安全規格で、2012年からは、この欧州規格が日本でも正式な安全規格として完全施行されます。
 
シート表皮難燃基準:
米国自動車安全基準FMVSS302に適合しています。
業界で初のマイクロファイバーを使用したモデルもあります。
マイクロファイバーって何?
極細繊維で編みこまれた手触りの良い生地で、
汗などの吸湿性に優れているにもかかわらず、
汚れがしみこみにくく、ジュースなどをこぼしても
簡単にふき取れます。洗濯にも強く、耐久性に優れます。
アルミニウム・フレーム構造:
軽量かつ頑丈で、万一の際、事故による衝撃エネルギーを吸収する構造です。重量があるのは決して利点ではありませんが、小さな体から大きな体まで同等に快適な乗り心地を実現するのに最適な方法として、シェル構造でなくフレーム構造を採用しました。
 
オープン・フレーム構造:
従来の成形プラスチックをほとんど使用していないため、破損時の鋭利な断面が発生する心配がありません。
 
サブマリン現象防止クッション:
衝突時、適切に臀部が座面に沈み込み、子供がシートベルトの下から滑りだすのを防止します。簡便なブースターシートでは、実現できません。
 
シートベルト・ガイド:
子供の体形に合わせて、簡単にかつ確実に固定できます。お子さんが小さいときは勝手に抜け出さないように、長さ調節にロックがかかります。お子さんが大きくなれば大人と同じ感覚で、普段は伸び縮みし、衝撃時にロックがかかる車のELR機構を有効に使えます。拘束感がなく、大きなお子さんにもストレスを与えません。
 
NEW大型ヘッドレスト:
万一の際、事故による衝撃から頚椎・頭部を保護します。2004年より、本体に固定された、より強固でワイドなヘッドサポートに改善されました。従来のもののように脱着は出来ませんが、長く使えるように内寸は広がりました。頭が大きいお子さんだと狭く感じるのでは、と懸念される方もあるでしょうが、まず心配されるほど狭くはありません。(是非慣れて頂きたいと思います。)
 
ショルダーサポート:
最近はサイドエアバッグなど安全装置も多様化していますが、子供向けには設計されていないのが実情です。側面からのそれらの直接的な衝撃から子供を保護します。お子さんの体格に合わせて、幅も高さも微調節できます。(ただし小さいうちは広く隙間が残るので、心配ならコンフォートパットで調整して下さい。)
 
標準3点式シートベルトによる固定:
誤装着を防止し、取付け、取外しが簡単です。
 
尚、体重9〜15kg(参考:9ヶ月〜4歳頃)までの子供が使用する場合は、セーフティーパッド(インパクトクッション)の併用も可能ですが、その際はシートベルトがやや長めに必要ですので、古い規格の車両には使えない、あるいは使いにくい場合があります。(座面上の有効なシートベルト長が、220センチ以上欲しいです。長いほど快適に使用できます。)

人間工学/健康/快適性           

認証:
ドイツ脊椎健康推進協会(AGR)の認定をうけた世界で最初のチャイルドシートです。
 
最適な硬さの各部のクッションとパッド:
通気性に優れたウレタンを使用し、理想的な面圧分布を示し、子供が整形医学的に正しい着座姿勢を身につけることを可能にします。
 
背もたれ:
高さ調節、11段階・200mm調節。超ワイドレンジの調節機能を備えています。ショルダーサポートと連動して調節できます。
ECE I : 年齢グループ
9ヵ月〜3.5歳(約)
ECE II : 年齢グループ
3.5歳〜6歳(約)
ECE III : 年齢グループ
6歳〜12歳(約)

ショルダーサポート:
幅調節、3段階・80mm調節。体形に合わせて幅調節できます。さらにお子さんが小さくて肩幅が余ってしまうときは、コンフォートパッド(オプション)の使用により肩幅を左右計約6センチ狭くできます。
 
シートクッション:
奥行き調節、6段階・70mm調節。体形に合わせて深さ調節できますので、太ももや関節にストレスをかけません。サブマリン現象防止クッション。(サブマリン現象とは衝撃時に腰ベルトの下から体もぐりこんで前方に投げ出される現象を言います。腰ベルトに首が絡み甚大な損傷を被ることがあります。子供をできるだけ腰深く座らせてベルトをしっかり腰骨にかかるように短めにセットしてあげましょう。)
調整は少しコツがいります。座面下から手を差し入れ、座面部分を上に押し上げてスライドさせます。うまく出来ないときは一旦ファブリックを外してから行うと簡単です。    
    
ラバーマット式クッションスプリング(ピレリーマット):
理想的な面圧分布を実現しています。背もたれと座面部分の発泡ウレタンと相互に働き、子供にとってストレスのない姿勢を保持します。車のシートも顔負けの優れた特性を持つシートクッションです。
レカロサウンドシステム
ヘッドサポート部にスピーカーを内蔵。携帯のMDプレイヤーなどを接続して、音楽を楽しめます。アンプはなく、イヤホン用の出力をそのまま利用しますので、比較的小さい音量で楽しむことになります。(おまけ的要素と思います。お子さんが大きくなって自分だけの楽しみ方を欲するようになったら活用できるかもしれませんが、小さいうちから、自分だけの世界に浸らせることもないでしょう。ただ、イスから音が出てくるのは不思議に思うでしょうし、興味を持ってくれれば、正しい乗車姿勢をとらせる動機付けになるかもしれません。)
 
オープン・フレーム構造:
放熱性に優れ、熱のこもりを防ぎます。他の類似カーシートはほとんどがプラスチックの一体成型なので、極めて特異な構造といえます。子どもは汗かきも必要な代謝なので、それを防ぐことは出来ませんが、通常のカーシートが放熱性にかけるものが大半なので、蒸れたり熱がこもったりして不快なものになりがち。レカロスタートなら、大人の座席と同等の快適さを実現します。なかでもメッシュシート採用の「Air」は表皮が部分的にメッシュになっており、適度な吸排湿性があります。マイクロファイバー採用モデルも汗に強く、衛生的でさらりとした肌触りが特徴です。
 
パッド付きアームレスト:
適切な高さで、腕、肩の負担を軽減します。生地で覆っているので直射日光があたっても樹脂製のもののように熱くはなりにくいです。
 
リクライニング機構:
シート角度調節2段階・15°調節。ジュニアシートとしては比較的リクライニングが効く方ですが、一般的なチャイルドシートほどは倒れませんので、小さなお子さんに使用する場合は踏まえて下さい。(寝かせるほど前述のサブマリン現象を起こしやすいので、ジュニアシートはあまりのクライニングがきかないようになっています。しかし、レカロのリクライニングはチルト方式で、座面が連動して傾斜が深くなるので幾分安心です。)
 
                    
    

取り扱い/メンテナンス

折りたたみ式:
簡単に折りたためるので、トランクなどに簡単収納できます。
洗濯可能なシートカバー:
各部のシートカバーは、40℃以下の水で洗濯できます。但し、タンブラー式自動乾燥機は避けて下さい。
リア・ポケット:
小物・取扱説明書入れに便利です。サウンドシステムをご利用時、プレイヤーを入れることも出来ます。

表皮素材 ポリエステル100%
適応範囲 体重9〜36kg(参考:約9ヶ月〜12歳頃/身長約70〜150cm)
Baby-Proとしては9ヶ月からの使用はあまりお勧めしていません。
基本的にはジュニアシートなので、体格のフィットや姿勢のことを考慮すると
せめて1歳半くらいからがベターかと思います。
重量 8.5Kg
保証 1年間


    
さらさらの手触り 品質にこだわる日本人向けの特別仕様
マイクロファイバー(MF)採用モデル
マイクロファイバーは光沢のある毛足で、見る角度で色合いが変わります。画面上で正確な色再現が難しいのでお含み願います。
Sportline (スポーツライン)
マイクロファイバー(MF)採用モデル
322.00.0611
   
  
  
Smooth Black (スムースブルー)
マイクロファイバー(MF)採用モデル
322.00.0627
Alrisha (アリーシャ)
MFよりは毛足の短い素材ですが、
とても上品でおしゃれなファブリック。

322.00.0617

適合性の確認

レカロチャイルドシートは、その適合性の高さから、車種別適合確認データは特にありません。基本的な部分を確認頂ければ、実際、取り付けが難しいケースは、ほとんどない製品です。一応、その基本的部分をお知らせいたします。

< 取り付けできない座席の例 >

シートベルトの種類
 ・シートベルトがない座席
 ・2点式シートベルトの座席
 ・パッシブシートベルトの座席(座ると自動的にシートベルトが装着される装置)

シートベルトの取り付け位置
 ・車のシートベルトの取り付け幅が40センチ未満の座席

座席の条件
 ・自動車の進行方向に対して、横向きまたは後ろ向きの座席
 ・SRSエアバッグ装着の座席
 ・スポーツタイプのバケットシートが付いた座席
  (座席の座面の窪みが激しい場合、傾くことがあります
   座面平面部において30センチ以上のフラットな面が必要です)
 ・座面の奥行きが43センチ以下の座席

< 補足 >
・軽自動車などでは座面の奥行きが足りない場合があります。43センチに満たないと製品の安全性能がフルに発揮できない場合がありますが、取り付け自体が出来ないわけではありませんのでメーカー的には適合不可ですが、お客様の判断で使用されている例はあります。(勧める意味ではありません)

・衝撃時強制巻取り装置が付いている座席では、カーシートを傷める可能性がありますので、事故に遭遇した際には、肩ベルトガイドの部分の点検をしてください。


補足 レカロスタート最終販売に移行 (2007/8)

レカロスタートは、高価でかつマニアックな構造のジュニアシートで、フラッグシップ的存在だったのですが、残念ながら万人向きでないということから、レカロジャパンでは、日本でのレカロスタートの販売を現行モデルで一旦休止する意向のようです。

純粋にレカロが開発した製品で、内容的にもいかにもレカロらしいこだわりが見られたジュニアシートでしたので、取扱がなくなるのはとても寂しい気持ちです。

ジュニアシートは、使用期間がとても長い品物ですが、ファブリックや本体が傷むことなく、最後まで使用に耐える品はレカロスタートくらいのものでしょう。重いというデメリットはありますが、それを補って余りある独創的な構造、耐久性に改めてエールを贈りたいと思います。

できるだけ多くの在庫を確保して、ご希望の方に販売をしていきたいと思います。
下記ショッピングページで在庫状況をご確認願います。


オーダーはこちらから