マイクラライト スーパーライト Baby-Pro 詳細解説
 
TOP - ショッピング - お客様の声 - プレゼント - FAQ - 売れ筋ランキング - Baby-Pro REPORT - おすすめリンク - システムガイド - Baby-Proについて
MICRA LITE TOP - スーパーライトの解説 - アクセサリー - 振動テスト - オーダー

躍動するデザインがヨーロッパを席巻  誰もが振り返る斬新なベビーカー

 
マイクラライト・スーパーライト 
詳細解説  
このページではマイクラライト・スーパーライトの仕様説明をしながらその魅力を解説します。


  マイクラライト スーパーライト
     
 ブラック:WLML01101  レッド:WLML01102  ブルー:WLML01103
     価格 各\45,000(税込\47,250)
【ご使用の目安】 7カ月〜3歳頃まで(15キロまで)
【サイズ】 幅62×奥行99×高さ106cm
折りたたみ時:幅39×奥行39×高さ101cm
【重量】 6.5kg(本体のみ) 幌付き7.5kg
【耐荷重】 15kg
【付属品】 幌・ショッピングバスケット・空気入れ
【材質】 本体:アルミニウム、ポリアミド、ステンレス鋼、ポリウレタンフォーム / シート:ポリエステル / タイヤ:EVA樹脂、合成ゴム / フード:ポリエステル、熱可塑性ポリウレタン / メッシュネット:塩化ビニル樹脂(非フタル酸)

  
 
個性をより楽しめるアクセサリーもたくさん
    
 
       
 スーパーライトのオプションの紹介ページはこちらです

 
  < マイクラライトの特徴 >
     
 
目を引く12インチの大型中空タイヤが快適な乗り心地を実現します。空気を入れるバルブは自転車とは違い、車と同じ米式バルブになります。エアーポンプ(手動)は標準で付属します。数カ月に一度空気を補充しましょう。前輪はよくある通常のプラスチックタイヤです。やや径が大きめですが、全輪が中空タイヤのバギーに比べると、若干振動を拾うでしょう。その代わり、前方の重量が軽いことで、方向転換などはとても軽快です 
   
     
大型バギーの類になりますが、
後方のハンドルを引き上げると、
前輪が後輪の間に収まって、
意外と省スペース。 
 リクライニングは
120゜・140゜の2段階切り替え
通気性抜群の全面メッシュシート
肩ハーネス 3段調節  
      
 < マイクラライトの閉じ方 > ちょっとしたコツを知っているか知らないかで、ラクさがだいぶ違ってきます。   
       
ロック解除は2段階の操作です。
 
 上図の握り方で1段目を解除。
 
 赤いシールのレバーを押さえると
2段目が解除出来ます。
       
ベビーカーを少し後ろに引いて、
前輪を画像の様にくるっと
反対向きにしておきましょう。
折りたたみのため、画像の様に
手を添えます。
  
コツとして、折りたたむ直前に
前輪をほんの少し浮かせるように
するとよりスムーズです。
  
 片手でハンドルを少し引いて、前輪を浮かせると同時に開閉ハンドルを引き上げます。
慣れたら勢い良く引き上げてみましょう。ロックのためのフックが自動的にかかります。
   
  
 ロックのためのフックがかかるところまで、うまくたためなかった場合は、上図のように大きく傾けて
フックの近くのフレームを押さえるか、フック自体に指をかけて押し込みます。
  
  
前輪は上の写真のように後輪の中に納まります。うまく向きが揃わなかったときは
フックが引っかからないので、もう一度引きなおしてください。
  この製品は抱えて歩くには少々重たいですが、畳んだあとで転がして移動可能です。
少し前後のタイヤが擦れるようになりますが、およそ支障はないでしょう。
  <折りたたみフックは2段階>
フックのかかりが浅い1段目。かかりやすいですが、少し足元が膨らんでコンパクトではありません。自立の安定感を優先させたいときに利用しましょう。
2段目までしっかりかけると一番コンパクトな状態になります。トランクに収めるなど、少しでも小さくしたいときに利用します。自立はやや不安定かもしれないので使い分けて下さい。
    
  < マイクラライトの開き方 >
        
  フックを外します。
  
 シルバーのシールが貼ってあるボタンを押し下げます。 
 
     
シルバーのボタンは上側を押さえこむようにするとスムーズに押し下げられ、一番下でカチッとロックがかかります。 
    
     
 ボタンの下側だと、ロックがかかる
際の操作が硬くなります。
 赤いレバーを押さえてもスムーズに
いくのですが、このパーツは
あまり強くないので、いつも
この方法で開いていると
壊れるかもしれません。
 ハンドルを押し下げるのも、
最後のロックの操作が硬く
感じられてスムーズにいきません。
       
    ← ロックは2段になっていますので、
カチカチッと2回手応えがあります。
左図のように隙間がなくなるとOKです。
 ↑押し下げの時に前輪が強く地面に押し付けられていると、うまく開きませんので、軽くハンドルを引き気味にして浮かせるようにするとラクです。   
     
  
  < マイクラライトのハンドルは角度自在 >
マイクラライト・ザ・バギーのハンドルはソフトなウレタンカバー。以前のモデルは六角レンチで角度を変えていましたが、このスーパーライトからは、ハンドルポジションレバーの操作で簡単に角度調整が出来るようになりました。背の高い方も、低い方も自由自在です。
ウレタンカバーの耐久性を気にされる方がありますが、屋外に放置するのでなければ、そうそう簡単には痛みません。ただし痛んだらすべて剥ぎ取って、サイクリング車用のテーピングを巻けば、よりマニアックで楽しいかもしれません。(いいわけっぽいかな)
   

  
  < スーパーライト その他の機能解説 >
 
  後輪はワンタッチで脱着可能。 上記の金具を押込むと
抜き差しできます。
大きめのバスケット。
荷物の出し入れも簡単
     
後輪はフットブレーキで
ロックできます。
 シート本体は全面メッシュですが、オプションのパッドを引けば
クッション性も良くなります。シート幅は腰部で30センチ、
肩部で26センチあります。上部が狭そうに感じるかもしれませんが、
全く問題ありません。
     
     
パッドは前端部の
マジックテープでとめます。
パッドをつけたままでも
折りたためます。
 
      
     
  本体のメッシュシートを外して洗濯したい場合は、上図のように背もたれ上部のシャフトを抜きましょう。  
     
     

矢印部分の金具を押し込んで引き抜き、
サイドはホックをはずせば、シートを外せます。
余談ですが、ここについているD型のリングは、ベルトやバックルが破損したときに、代替えのひもなどを巻きつけて使用できるように、ヨーロッパの安全基準で義務付けられているパーツです。現実的には使用機会はありませんね。

< サンシェード(日よけ) >
マイクラライトの日よけは、トップにのぞき窓が付いていますので、赤ちゃんの様子は簡単に確認できます。日よけ自体はあまり大きさや深さがありませんので、紫外線が気になる敏感肌のお子さんはオプションのサンシェードが有効です。

  < 快適走行・旋回の秘密 重量バランス >

【空車時】
 1981

【乗車時】
(体重9キロダミー)
 2575
安定感を保ちつつ、旋回性能を高める理想的な重量バランス。剛性の高いフレームの効果もあって、クィックに方向転換できます。片手での走行もとてもラクです。

段差越え時にハンドル操作で前輪を持ち上げる操作も簡単にできます。

(当たり前のようですが、華奢な国産ベビーカーの中にはそんなことすら
 おぼつかないものが実際には多くあります)


前側荷重が少ないと、段差のショックも逃げやすくなります。
自在に操って快適なお散歩を楽しんでください。
≪知っててほしいポイント≫
マイクラライトのような、後ろ荷重のバランスは、快適な走行のために必要なバランスですが、荷物をハンドルにかけたりすると、後方に倒れやすくなります。たくさん荷物をかけても倒れないベビーカーというのは、ハンドルを押し下げても、前輪が持ち上がらないということですから、段差があっても乗り越えにくい不自由なベビーカーとなります。マイクラライトの良さを、誤解しないようにしてくださいね。



 スーパーライトのオプションの紹介ページはこちら - 振動テスト - オーダー

このページで使用しております画像・ロゴ及びテキストなどは日本正規総代理店である株式会社ダッドウェイに帰属します。
Copyright (C) 2001 Baby-Pro All Rights Reserved.