タカタ チャイルドシート 04-neo Baby-Proの詳細解説 
Baby pro ロゴ  
TOP - ショッピング - プレゼント - FAQ - 売れ筋ランキング - Baby-Pro REPORT - おすすめリンク - システムガイド - Baby-Proについて
takata 04-neo - takata 312-neo junior seat - メーカー - オーダー

Baby-Pro 推薦
 takata 04-neo  

タカタ ゼロヨン ネオ

車の安全装置のプロフェッショナルであるTAKATAの乳児・幼児兼用チャイルドシート。
チャイルドシートアセスメントで、兼用シートとしては初めて「優・優」の高評価。

安全性ばかりでなく、乳児に負担のない乗り心地と実用的な使い心地を伴って、Baby-Proでも推奨できる製品です。
takata04-neo ネイビー takata04-neo ブラウン takata04-neo グリーン

体重18キロ未満 (生後0ヶ月〜4歳頃まで)
サイズ W489 D585 H685
重量10キロ
 


追加カラー takata04-neo ベージュ




 takata04-neo ネイビー

 takata04-neo ブラウン

 takata04-neo グリーン

 ご注文・価格の確認はこちら


購入前に必ず確認しましょう → 適合車種確認表はこちら


takata 04-neo 製品解説
 
インパクトのある広告で話題となった左の写真。チャイルドシートは車と一体になってこそ、本来の安全性が発揮されるもので、取り付けがきちんとできるかどうかが、とても重要なファクターということをわかりやすく示しています。


6歳未満児を車に乗せる際に、チャイルドシートを使用している人は、半数にも及ばないという2005年のデータがあります。また、2002年実施の調査では、取り付けを行っている人の約70%は取り付けが不完全であることが判明しています。適切に子供の安全を守れている親は、実に3組に1組しかないということがわかります。

 

欧州ではドイツ レーマー社がいち早くシートベルトを増し締めする「ベルトテンショニングシステム」を開発。引き続いてオランダ マキシコシ社、日本ではタカタが開発に成功しました。それぞれ、増し締め機能がなくても、充分安全基準を通過する機能性を持ちながら、育児の現場のリスクをなくすプラスアルファの試みとして開発されました。仕組みは全く異なっており、使い勝手はまちまちですが、タカタの仕組みは中でも高いテンションを実現しています。このタカタの増し締め機能は「プリローダーシステム」とも呼ばれ、商品においては「ママ楽ハンドル」とネーミングされています。

 
シートベルトを通してバックルを止めます。 ベルトをシャフトのすきまに入れてセットします。 ママ楽ハンドルをカチカチ音がするまで回します。  ママ楽ハンドルの
詳細はこちら
  
* ミリブ000は、04-neoとボディを共有します。
*1衝突時に頭部が前方に移動する量。
*2頭部合成加速度。頭部に大きな加速度がかかると、
  脳に傷害を受ける危険性があります。
*3胸部合成加速度。胸部に大きな加速度がかかると、
  胸に傷害を受ける危険性があります。

チャイルドシートアセスメント、乳・幼児両モードで、史上初の「優・優」評価


タカタ(株) 試験実施年度:2004年 (自C-2046)新基準適合品

シート写真10.0kg
使用性評価試験の評価 乳児 幼児
取扱説明書等 4.3 4.3
本体表示 4.8 4.8
本体機構 4.0 4.0
取付性 4.3 4.5
装着性 3.4 3.4
前面衝突試験の評価 乳児 幼児
破損
シートバックの傾き
59度
頭部のはみ出し
頭部の前方への移動量


514mm

頭部に生じる力
58.44G
胸部に生じる力
45.57G

47.40G
その他の事象 なし なし
腹部圧迫計測 詳細
評価
図

 
乳児用試験映像 幼児用試験映像

アセスメントデータは自動車事故対策機構ホームページより抜粋したものです。
詳しくは下記ページをご覧ください。



ご注文・価格の確認はこちら

  



 takata 04-neo 機能紹介
体重10キロ未満は進行方向後ろ向きで装着します。背もたれ角度は基本的に45度。角度調節機構はないので、微調整はクッションなどを下にひいて行います。全く平らな座面だと53度程度の背もたれ傾斜となります。通常5度から15度程度、車の座面に傾斜がありますので、大体の車でほどほどの傾斜に収まります。

タカタは従来、安全重視のために背もたれ傾斜がきつめになるのが特徴でした。新生児に負担なく乗せるには45度傾斜がきちんと設定できないと難しく、従来のタカタ製品は、新生児から使用しようとするユーザー様に、なかなか受け入れられませんでした。

この04-neoについては、充分配慮した本体設計と、インナークッションでさらに傾斜を抑えて、新生児にもほとんど違和感のない傾斜を実現していますので、この度Baby-Proでも取り扱いを再開しました。

ちなみにインナークッションは、頭部がはみ出すようになったら外して使用します。3〜4ヶ月ころになればインナークッションがない方が体の納まりが良くなります。
小さな乳児は事故の瞬間の衝撃をハーネス(ベルト)だけで支えるには骨格が弱すぎます。出来るだけ広い面で衝撃を分散する必要があります。そのためには単一面で支えられる背面が理想的です。(体の側面は凹凸が大きく構造が複雑になります)

事故の中でも最も死亡率が高いのは正面衝突。(事故数としては後方追突の方が多いですが) 正面衝突の衝撃に対応するには、後ろ向きに座らせて、出来るだけ垂直に近い面で体全体を支えるのが理想ですが、四六時中そのようなきつい姿勢ですごすことは無理なので、水平との間をとって、また、目視でも確認しやすい45度が基本となりました。



後ろ向き装着時はシートベルトを束ねて、2点式の取り付けとなりますので、乳児専用のベビーシートなどに比べると衝撃時の挙動は大きくなります。安全基準を通過していますし、日本のアセスメントでも「優」評価ですので、全く懸念するレベルではありませんが、どちらが安全性能に余裕があるかと言うとベビーシートの方と言えるでしょう。2点固定はシートの硬さや設定角度にも大きく影響を受けますので、踏まえた使用が必要です。将来的に国土交通省がECEと安全基準の内容を統一することを批准していますので、更なる改良の余地があると思われます。

クラッシュテストの映像が見られます
VTR


3点式ベビーシートのクラッシュテスト
乳児用試験映像
takata 04-neoのクラッシュテスト

前向き装着時は3点式シートベルトをいかして効率的に拘束します。(左図)ママ楽ハンドルのおかげで拘束性能はピカイチです。
シートベルトの通し位置は、左図のように背面部になります。位置設定を高くして不用意に長めのバックルでも干渉しないように配慮されています。バックルがチャイルドシートにぶつかってうまく締められないときに、裏技でバックル部分をひねる工夫をすることが良くありますが、ひねらずに使用したいというメーカーの意向が反映しています。その分座高も高くなり、重心が高めになってしまいますが、ママ楽ハンドルで強固に拘束するのでリスクはありません。
リクライニングは3段階。ただし、後ろ向き時2段階、前向き時1段階に限定されます。前向きでリクライニングを使用したい方には不向きとなります。

すでにお子さんが大きく、9キロ以上で使用するなら、ワンタッチリクライニングがきく幼児専用チャイルドシートがお勧めです。

マキシコシプリオリレーマーキングTSプラスなど。
子供のベルト(ハーネス)は5点式。足元の調節ベルトで簡単に長さ調節が出来ます。股ベルトはかなり短くして骨盤拘束がしっかり出来るように工夫しています。アセスメントでは子供の腹部にかかる圧力も参考データとして公表していますが、レーマーキングに次いで優れた成績を出しています。まだまだ、不十分なメーカーもあるのでポイントにしたいところです。
データについては下記ページを参照ください。参照ください。
http://www.baby-pro.co.jp/morimoto/html/romer/products-king-ts.htm
タングにはマグネットが内蔵されていて、近づけるだけでピタッと合体します。左右を合わせてバックルに差し込む仕組みなので手間がひとつ省けますね。
底面部はフラット仕上げでシートに負担をかけません。

シート素材は安全基準に沿って難燃素材が使用されています。表皮はポリエステルの立体メッシュで、中のウレタンにも通気孔が設けられているので、吸排湿がスムーズで蒸れにくくなります。

本体にも全体にソフトモールドクッションが施され、とても柔らかなすわり心地と、衝撃時の高いサポート性を実現します。海外製品はあまりこうした内部のクッションは好まず、姿勢制御のために硬めのシートのものが多いのですが、タカタは日本的な配慮をしていると言えます。
肩ベルトの高さ調節の際は一旦取り付けを解除して行います。背中にあるバックカバーを外して、ハンガーと呼ばれる部分からハーネスを外して肩穴を差し替えます。


ご注文・価格の確認はこちら



takata 04-neo 取り付け手順の解説
体重10キロ未満は進行方向後ろ向きに取り付けします。
7キロ未満はリクライニングを3段目にして取り付けすると、背もたれ45度が作りやすくなります。

月齢が上がってくると中途半端な角度を嫌がることがあるので
2段目にして少し起こし気味にすると、機嫌がとりやすくなります。

体重9〜10キロでは、どちら向きも使用可能ですので、お子さんの様子を見て変更のタイミングを図りましょう。
前向き取り付け時はリクライニングは一番起こした状態でのみ使用できます。
実質的に「リクライニングなし」となりますのでご了承ください。

  
乳児用 後ろ向き取り付け(10キロ未満)
 
                         
チャイルドシートの固定
ベルトクランプに留めるのは、肩ベルトのみ、また、肩ベルトが車体に戻る側のみとなりますので間違えないように気を付けましょう。後ろ向き装着では「ママ楽ハンドル」は使用しませんので、しっかり体重をかけてベルトを引き絞り、固定してください。
  

幼児用 前向き取り付け(9〜18キロ未満)
   
チャイルドシートの固定

ママ楽ハンドルの詳細はこちら
ママ楽ハンドルを回す前にしっかりベルトを引っ張っておいてください。
数回練習してもらえれば、ママやおじいちゃんでも十分マスターできますし、
驚くほどしっかり固定できるのでうれしくなります。ぜひ、トライしてみてください。




販売価格・在庫状況の確認はこちらから



 チャイルドシート Q&A (プリオリXP 編) 
Baby-Pro FAQより抜粋
Q1
ベビーシートとチャイルドシートを別々に購入するか、タカタの兼用タイプを購入するか迷っています。
Aそれぞれに便利さがありますし、安全性の追求度でも選択が変わってくるでしょう。

ベビーシートとチャイルドシートを別々にした方がメリットがあるケース
・車で眠ってしまった子供を起さずに部屋に移動したい
・実家や友人宅によく出かけるので、ラック代わりに使えるベビーシートが便利そう
・3点固定のベビーシートの方が安全性が高いので安心できる
・乳児と幼児では大きく体格が違うので、専用品の方がフィッティングが良く安心できる
・車に常時チャイルドシートを付けておくことが出来ない
・リクライニングの便利な幼児専用チャイルドシートを使いたい
・真夏の車の中でチャイルドシートが熱くなるのを避けたいので、
  降ろしやすいベビーシートがいい  
04-neoなどの兼用シートの方がメリットがあるケース
・乗降の都度取り付け作業があるベビーシートより、
  付けっぱなしにできる兼用シートの方が手軽でいい
・アセスメント「優」評価の安全性をかいたい
・家系的に体格の良い赤ちゃんと思われるのでベビーシートだとすぐに狭くなりそう
・何度も購入品を選ぶのが面倒
・階段が多く、ベビーシートを買っても、子供を乗せたままの移動は大変そう  

当方で扱っている商品群は、いずれもそれぞれの良さを持っています。優劣付けがたい物が多いので、製品の良し悪しというより、ユーザー様の使用環境や使い方を具体的にイメージして決めましょう。



takata 04-neo - takata 312-neo junior seat - メーカー - オーダー



Copyright (C) 2001 Baby-Pro All Rights Reserved.