Baby pro ロゴ  
TOP - ショッピング - お客様の声 - プレゼント - FAQ - 売れ筋ランキング - Baby-Pro REPORT - おすすめリンク - システムガイド - Baby-Proについて


Baby-Pro REPORT(19)
[ベビー用品選びの「ものさし」]
 
 そのベビー用品が本当に必要ですか? 

「この商品は高いけれど内容が見合っているから積極的に紹介しよう」
「この商品は迷っている方が多いから詳しく解説しよう」
「この商品は見かけほど良くないから、掲載を避けよう」

Baby-Proでは、こんな風に、できるだけ買う身になって商品の選定や解説をしています。
その時に、さまざまな気づきがあるのですが、売れている製品が必ずしも
良いものとは限らないということです。「良い」「悪い」の見定めは、
はなはだ主観的なものですが、私たちなりに考えている
「良いベビー用品」の定義があります。

その「ものさし」を、ご紹介いたします。




 
通常、販売店のサイトは、商品のウリとカタログスペックを紹介して、
「詳しくはメーカーサイトを参照ください」
というのが、一般的です。
 
けれど、私はあまりメーカーのカタログを参照せずに、
肌で感じた印象と経験則による製品解説を心がけています。
スペックを知ることより大切なことがたくさんあるからです。


たとえば、
ベビーカーを選ぶとき、軽さやコンパクトさを優先すると、使い勝手はいいですが 
小さな赤ちゃんにとっては快適ではなくなることがあります。

両対面ハンドルや、大きな日除け、振動の少ないシートなど、装備充実で
乗り心地の良いベビーカーは、重くなったりかさばったりして、
親には負担となることが多いです。

一見メリットに見えることも、見方を変えればデメリットになります。

「軽さ」「弱さ」  「重い」「剛性」   
「コンパクトさ」「不安定」 「大きい」「安定」 

ですから、

「軽くて、コンパクトで、強くて、安定しているベビーカーをください」

と、お願いされるのが一番つらいです。相反する要素の集まりだからです。
必要とする性能に優先順位を付けて、ある部分には妥協が必要となります。





次に悩むのは、

「両対面機能は必要でしょうか」
「おとなしく乗ってくれるのはどれでしょうか」

といったご相談です。

ベビー用品は子供のための道具であるべきですが、
往々にして親のための道具となっていることがあります。


広告に「軽く、コンパクトで、移動もラクラク」と書いてあるといかにも良さそうですが、
「その代わり赤ちゃんの顔は見えません。日差しもうまく避けられないので
 帽子をかぶってください。」などとは書かないものです。

どうしてもママの顔が見えないと泣き出してしまうお子さんがいます。
その子には背面ハンドルベビーカーは早すぎるのです。
ママに「こわいからもっとそばにいて」と言っているのです。
手がかかる子、と思わず、自分の意思表現がちゃんとできることを喜びましょう。

歩けるようになると、歩くのが楽しくてベビーカーに見向きもしないお子さんもいます。
「勝手に抜け出さない5点式ベルト」もいいですが、子供の関心を大切にすることも
忘れないでください。ベビーカーがいつも荷物カートになっていても、それはそれで
ほほえましいことと思います。

赤ちゃんがそのベビーカーを受け入れて気持ちよく乗ってくれるかどうかは
そのお子さんが決めることで、親は提案をするだけと思ってください。

なにせ、赤ちゃんにとっては「抱っこ」が最高なのです。
ベビーカーに乗せられることは、最初は不安なだけ。
ベビーカーは親のための道具なのです。

「だっこをねだってもママがつらそうで、
 ベビーカーにのった方がきげんがいいみたいだし、
 ベビーカーもなれたらけっこうたのしい・・・」

言葉にはならなくても、そんなことを赤ちゃんなりにいろいろ感じて
ベビーカーに馴染むようになります。





ベビー用品をどう選ぶか、あるいは使うか使わないか、考えるときに
二つの側面があります。
 

 一つは、仕様・機能面で推し測る理性的な判断です。

必要な機能を絞り、他は妥協する、そのボーダーを見出すことにあります。

ベビーカーは、まず、自分たちの育児環境がどのようなものなのか把握することが
製品のことを知る以上に大切です。

ただし、かといってスペックを頭に入れて比較してくださいとは言いません。
スペックよりも解説文の流れを感じとってください。

Baby-Proでは、「軽い」ということだけでも、それがどのようなシーンに役立って
どのようなデメリットもあるのか、製品ごとに丁寧に解説していきます。

重くても、走行がスムーズだと押し心地が「軽い」と感じます。
同じ重量でも、操作系がスムーズだと、「扱いやすさ」が「軽さ」を
印象付けることがあります。

「重量が何キロだから軽い」というよりも、体感的な「軽さ」があるかどうか、
そのことの方がBaby-Proでは皆様にお伝えしたいとこなのです。
スペックに惑わされずに解説を読んでみてください。

その結果、思いもかけず立派なベビーカーを買うこともあるかもしれませんし、
「当分、ベビーカーはいらない」という結論に至ることもあるはずです。



 もう一つは、母性(父性)愛に基づく感性的な判断です。
 
赤ちゃんは、大切な幼い命、そして同時に新しい仲間です。
 
ベビー用品は、この小さな命と、密接に心を触れあうための補助具。
大切なのは、いかに親子のスキンシップを邪魔せず、助けとなるかを
目安にしましょう。

ベビーカーに乗せた子供の機嫌が悪いとき、狭くて苦しいのだろうか、
乗り心地が悪いのだろうか、と心配するものいいですが、この子は
もっとかまって欲しいのかも、抱っこして欲しいのかも、と、
広く、子供の心を探ってみましょう。

赤ちゃんが泣いて困っているときも、赤ちゃんはあなたを困らせる
つもりはありません。赤ちゃん自身が困っているのです。

抱いてあげるだけでも、子供はすごく落ち着きます。
「年中抱っこで大変」と嘆かずに、それだけ求められていることを、
実感してください。

抱っこは赤ちゃんにとって最高のものです。
「抱き癖がつくよ」なんていうアドバイスは無視してかまいません。
無条件に求めに応える、愛の基本が抱っこにあります。
それを避けて次はないのです。

では、ベビーカーに親の抱っこの代わりはできるのか。
残念ながらできません。

けれど、配慮あるベビーカーは、子供の不安を最小限にとどめてくれます。
幼い子供には、安心して乗れる、抱っこのような乗り心地の
ベビーカーを提供してあげたいものです。それが感性的なチョイスです。

  Baby-Proが、自ら振動計測ダミーを作成して、べビーカーの
  振動計測をしたり、エコベッドを推奨したり、補助サンシェードを開発して、
  子供を直射日光から守ろうとしたりしているのは、メーカーやユーザー様に
  気付いてもらって、少しでも「愛情」を注げる製品を増やしたいからです。
  そして、その成果は確実に出てきています。






 ベビー用品全般について、道具としての役割を解説してみます。

 うっかり愛のない道具に振り回されないよう、賢く選択してください。
 
ベビーカー ベビーカーは、抱っこですごせなくなった時の補助具です。ベビーカーは、外出時の親の負担を軽減して、体と心にゆとりをもたらします。

「赤ちゃんのためにいいベビーカーは?」と言ってベビーカーを探しますが、赤ちゃんがベビーカーにのりたいと言っているのではなく、親がベビーカーにのって欲しいと思っているのです。その部分を把握した上で、抱っこしてあげられない代わりに、快適装備をプレゼントしてあげましょう。

体格が大きくなったら、親の都合で手軽なものにチェンジしても大丈夫。外出を一緒に楽しんでください。
ベビーベッド ベビーベッドは、セーフティゾーンの確保に役立ちます。赤ちゃんが乳児期の大半を囲まれてすごすものだけに、良品を選びましょう。

最近はプラスチック製のベッドもありますが、敏感な赤ちゃんを早くから化学物質で囲うのは気がすすみません。昔ながらの木製ベッドが無難。塗装や素材から刺激物質を取り除いたエコベッドが安心です。

けれど、抱っこや添い寝をせがむ子供には、無理をしないことも大切です。赤ちゃんは全部わかっていて、自分が快適に眠れるところを選ぶものです。それがベッドであることもあれば、そうでないこともあります。
ラック ラックは、幼い頃は簡易ベッドとして役立ち、親子の距離を間近に保ちます。子供にとって、いつもかたわらに親がいることは、なによりも「心の栄養」となります。

擬似抱っこで、寝かし付けにも重宝。
ただし、一番よく使うのは1才未満。買うなら早めに。
電動ラック 電動ラックは忙しいママの心強い味方となります。どうしても手が足らないときは、入眠のタイミングを見計らって短時間に効果的に使いましょう。
ただし「体重8キロまで」と、使用期間が短いですし、所詮、機械に親の抱っこの代わりはできません。過剰な期待はしないことです。

また、当然ながら電気製品ですから、微弱ながら電磁波もでてきます。気になる方は、長時間の連続使用はしないとか、使わないときはスイッチをきるだけでなく、電気コードを抜くといった配慮をするといいでしょう。
チャイルドシート チャイルドシートは「死なせない」ための拘束装置です。これだけは嫌がろうとも、習慣付けを徹底しなければなりません。

悲劇は大抵がもらい事故。いくら気を付けても避けられません。「こどもが嫌がることは基本的に避ける」のが育児の原則ですが、車だけは例外です。泣いてかわいそうなら、車という危険な乗り物に乗ること自体を少なくする努力が必要で、チャイルドシートに座らせずに走るのは、こどものためにはなりません。

親が真剣になれば、子供も早い時期に悟るものなので、3歳までが勝負と思って、じっくり取り組んでください。

逆に言えば、親が本気でない場合ほど、子供も嫌がるという相関関係があります。
ハイチェアー ハイチェアーは、子供も親と同じ視点で食卓を囲めるのでとても喜びを感じます。自分のイスとして自覚も与えられます。

転落を心配する方は、ハイローラックなどの5点式ベルト付きのものを持っている方は、それを引き続き使用する方が安心です。

ラックはかさばるし、そろそろ赤ちゃんでもないし、と思えば、ハイチェアーに移行しましょう。簡易な構造のものが多いので、子供が小さいときは立ち上がって転ばないように注意しましょう。ある程度大きくなれば、落っこちるのも経験、と、おおらかに見守ってあげましょう。
歩行器 歩行器は必要な用具ではありません。むしろ、可能なら使わないことをオススメします。ハイハイをしっかり行うことで、上半身の筋肉や背筋、及び呼吸器官が発達し、手足を操ることで歩行のリズムもひそかに養われます。歩行器でその機会を奪うのは、とてもかわいそうなことです。

「うちの子は早くから足を突っ張るし、立たせるととても喜ぶ」という場合、体の柔軟性が不足している場合があります。かかとを付けて立てず、つま先立ちになる子供は、ベビーマッサージなどで柔軟性を取り戻してあげてください。そのまま歩行器を使って歩けるようになっても、こけやすい子になってしまいます。

運動機能の速すぎる発達は、動物性たんぱく質の過剰摂取によって、発育バランスが狂っていることもあります。離乳食は穀類を中心とし、母乳の場合は、ママの食事も主食中心で、副食の肉類を少し控えるようにしてみませんか。
関連記事がBabyPro REPORT20 Q10にもあります。 
おまる
トイレトレーニング用品
おまるもあまり必要と感じないベビー用品のひとつです。
トイレトレーニングは、決してあせらないことです。早くオムツがとれるのが良い子と言う先入観は、何の役にも立ちません。

こどもは、親のトイレにまでついてきたがりますが、そんなときは嫌がらずに、ちゃんと見せてあげまてください。親がどんな風にしているのか知ることが何より大切です。

やがて心が発達してきて 「オムツは恥ずかしい」と感じる時期が来れば、あっという間にオムツはとれます。こどもによって2歳のこともあれば5歳のこともあります。子供なりに気付くときがくるまで、いくらしつけても自覚がないので、親が勝手に苦労するだけです。また、トレーニングは補助便座で充分です。

私の家族の場合、2人目までにそのことがわかったので、3人目は一切トイレトレーニングはせず、子供に「いつまでオムツをする?」と聞いて、自分にリミットを決めさせました。「3歳になったらやめる」と自分で決めたので、3歳の誕生日からオムツを外しましたが、うそみたいにちゃんとその日からトイレで済ませることができ、失敗も数えるほどしかしていません。上の子の様子を見ている助けもありますが、闇雲なトイレトレーニングの不要さを実感しています。

就学前後までオムツが取れない子は、「自分はまだ赤ちゃんだから、私をかまって」と訴えている可能性があります。仕事で忙しい時や、下の子の世話に手をとられているママは、ちょっと時間をつくって、その子の気持ちを考えてみてください。多くの場合、仕事をやめたり、特別な時間を作らずとも、こどもの気持ちを理解するだけで、好転します。こどもはいつもママの心とつながっているのです。
サークル ベビーサークルは、使うとしても一時的なものと思っていた方がいいでしょう。こどもはどんどん大きくなりますし、今後ずっと一緒に生活をするのですから、狭く囲ってしのいでも、長くは続きません。部屋や家全体に安全を配慮して空間改善をすることが、結局は必要なこととなります。

部屋全体を安全にするのは難しいことではありません。絶対に危ないものだけを子供の手の届かないところに移動するだけです。あとは子供も学習します。あなたの子供です。きっと、できるので信頼してあげましょう。
洗剤・玩具・
食器 etc.
今の生活空間は、あまりにも化学合成品であふれています。過剰接触が問題になるのは、時間の問題です。

シャンプーは石けんで充分です。洗浄能力の高い合成洗剤を使用する必要はありません。ベビーシャンプーというのも、結局は合成洗剤を薄めただけのものがほとんどですから、わざわざそうしたものにお金を使う必要はありません。石鹸はほとんどのものが安全ですし、無添加石鹸なら理想です。(生協のシャンプー・リンス類は安全なものが多いです)

体を洗うときもスポンジやカイメンはいりません。親の手のひらが一番。素肌同士がもっとも肌をいためず、上手に洗えるのです。手のひらで触ることには特別な意味があり、誰でも知らず知らずのうちにヒーリングの効果を出しているものです。こどもが一番安心しますから、幼児になっても極力手のひらで体を洗ってあげてください。

玩具も幼いうちは自然素材をメインに。大きくなったら親の都合は通りませんが、赤ちゃんのうちはあまり文句を言いませんから、そんなうちからプラスチックやビニールの玩具で囲むのは避けてあげてください。

食器も、ある程度子供が大きくなったら、普通の陶器や磁器、ガラスに替えましょう。古来からの素材が環境的にはもっとも安全です。乱暴に扱うと割れるということも、体験して覚えます。

抗菌素材もたくさんありますが、私たちの体も菌と同じタンパク質。毒を殺すつもりが自らも犯されて・・・といったことがないように、吟味して使いましょう。
おしゃぶり おしゃぶりは必要でしょうか。母乳育児の専門家は、おしゃぶりでごまかすより、なぜおしゃぶりを欲するか、その原因を知って欲しいと言います。赤ちゃんは、おなかの満腹感よりも、咀嚼(そしゃく)による気持ちいい疲れに満足を得ます。しっかり最後までおっぱいを吸わせてあげてますか? 親の都合で断乳を早くしていませんか? 

母乳相談を受け付けている小児科や助産院の専門家に相談しましょう。いずれにしても、彼らから 「おしゃぶりを使いましょう」というアドバイスは絶対にないはずです。

  
 子供のためと思っていたことが、良く考えたら親の都合だけだった

 なんてことが、よくあるものです。

 育児はとても大変だからこそ、いろんな道具が生み出されますが、
 使うほどに育児が充実するかというと、決してそんなことはありません。

 その製品に「愛情」を感じとれるか否か、
 「愛情のものさし」で製品選びをしてみてください。

  ・プラスチックの食器やおもちゃに愛を感じますか?
  ・歩行器やおしゃぶりに愛を感じますか?
  ・化学合成の洗剤や柔軟剤に愛を感じとれますか?
 
 正しい知識で、賢く選んで、つまらないものにお金をかけないようにしましょう。
 

 
 (このレポートは2006/1月に作成されたものです)


 Baby-Pro REPORT

その他のレポート

Baby-Pro REPORT



Copyright (C) 2001 Baby-Pro All Rights Reserved.